葬儀用に選ぶならこんな花

葬儀に適した花として比較的受け入れられるのが百合や菊、蘭の種類。この3つは高貴な人に捧げられる花として定着しているため、仏様に捧げるのには最適と言えるでしょう。また、葬儀から一年の間は色のついたものは避けるべき。喪に服している間は淡い色であってもタブーと見る人もいるため、アレンジなどをお供えするのであれば白に統一したものを準備するのが失礼に当たらないと言えます。また、バラはトゲがあるため仏様にお供えするものではないという考え方も。特に年配の方ともなるとバラはお悔みごとに失礼だと言われる人もいるので、避けた方が無難でしょう。

花の選び方の種類とは一体

供花は亡くなった方にお供えするもので葬儀の祭壇の両側に置かれます。遺族を慰め故人の冥福を祈る意味があり、大切な役割をします。主に白い菊や蘭を用います。宗教や地域によっても違いがありますし、式場の大きさや遺族の意向も考えて贈る必要があります。故人とのお付き合いの度合いで金額も変わりますし、親族に贈るものですから、アピールの意味もあります。葬儀に参列されれば遺族の好感度は高くなりますし、何かの事情で参列できなくても、遺族に気持ちが伝わります。知人・同僚・近所くらいのお付き合いなら15000円くらいが平均です。

↑PAGE TOP